偽造・盗難キャッシュカードによる不正取引等に対する対応について

1. 1日1口座あたりのご利用限度額の設定

  1. 当行では、偽造・盗難キャッシュカード等により預金が不正に引出しされる等の犯罪から、お客さまの大切なご預金をお守りするため、ATMによる「1日1口座あたりのご利用限度額」を設定させていただいております。
    • 対象の方
      キャッシュカードをお持ちのお客さま
    • 対象となるカード・通帳
      普通預金(総合口座・決済用預金を含みます。)・貯蓄預金の通帳・キャッシュカード・ローンカード
      ※法人のお客さまは通帳でのお支払いはATMではできません。
    • 1日1口座あたりのご利用限度額
      ①個人
      1日の支払限度額 50万円
      当行ATMでの引出 50万円
      他行ATMでの引出 50万円
      郵貯ATMでの引出
      デビットカードの利用 50万円
      当行ATMでの振込 50万円
      振替 50万円
      • ※総額で1日支払上額が50万となる
      ②法人
      1日の支払限度額 100万円
      当行ATMでの引出 100万円
      他行ATMでの引出 100万円
      郵貯ATMでの引出
      デビットカードの利用 100万円
      当行ATMでの振込 100万円
      振替 100万円
      • ※総額で1日支払上額が100万となる
      • ※ご利用手数料・振込手数料は上記金額には含まれません。
  2. 万一お客さまが偽造・盗難キャッシュカードによる被害に遭われた場合の被害額を、極力少額で抑えられるように、1日あたりのATM利用限度額を変更することをお勧めいたします。
    お客さまのご希望により1日あたりのご利用限度額を、ATMで設定・変更することが可能です。(ただし、減額のみ)
    なお、限度額の引き上げ、または解除を希望される場合は、お取引店窓口にて所定の手続きのうえ対応いたします。
    • 1日あたりのATM利用限度額を変更できるカード
      当行発行のキャッシュカード(ローンカードを含みます。)
      ※ATMでの設定・変更には、キャッシュカードが必要です。
      ※通帳での設定・変更はできません。
  3. お客さまのご希望により10万円~500万円まで千円単位でご利用限度額の設定が可能です。
    希望の場合には、「カードまたは通帳」「お届けの印鑑」「運転免許証などの本人確認資料」をご持参いただき、営業店窓口へお申し出ください。

2. ATMでの暗証番号の変更

お客さまがご使用されている暗証番号を、ATMで変更することが可能です。
ただし、変更取引はキャッシュカードによる取扱のみで、通帳での変更はできません。
他人に類推されやすい暗証番号(生年月日や電話番号等)をご使用のお客さまは、暗証番号の変更をお勧めいたします。