「スパイウェア」にご注意ください

他の金融機関において、スパイウェア等がお客さまのパソコンに不正に侵入し、インターネットバンキングのパスワード等が不正に入手され、お客さまの預金が第三者に不正に振り込みされるという被害が発生しておりますのでご注意ください。

スパイウェアとは、インターネットや電子メールを介してお客さまのパソコンに侵入し、パソコンに保存されている個人情報や入力したキーワード等を、お客さまが気付かないうちに収集して、インターネット経由で第三者へ転送してしまうプログラムのことです。

スパイウェアによる被害を防ぐため、以下の事にご注意ください。

  • 1.スパイウェアは、メール等に仕掛けられている可能性がありますので、心当たりのない電子メールや添付ファイルを不用意に開かないよう十分にご注意ください。
    また、フリーソフトを安易にダウンロードしたり、不審なWebサイトへアクセスしたりしないよう十分にご注意ください。
  • 2.セキュリティ対策ソフト(スパイウエア対応のものおよび「Phish Wall プレミアム」)のご利用を強くお勧めいたします。
  • 3.OSやブラウザには、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。
  • 4.インターネットバンキングでは、ログイン時に前回のログイン時刻が表示されます。不審なログイン時刻表示が無いか、都度ご確認いただくことをお勧めいたします。
  • 5.パスワード等は定期的に変更されることをお勧めいたします。
  • 6.図書館やインターネットカフェなど、不特定多数の方が操作できる場所に設置されているパソコンを使ってのインターネットバンキングの取引を行うのは、控えていただくことをお勧めいたします。