地域貢献

ふれあいを大切にするみなさまの銀行です。

近年、企業の社会貢献活動が注目されていますが、長崎銀行は創業以来「地域社会への奉仕」を経営理念として掲げ、地域の皆さまとのふれあいを大切にし、地域社会のお役に立てるよう、さまざまな活動を行っております。

ながさきサマースクール~お金のがっこう~

平成30年8月2日に「ながさきサマースクール~お金のがっこう~」を当行本店及び別館で開催し、小学校5・6年生とその保護者9組が参加されました。子ども達は「お金のがっこう」で、お金や銀行の役割についてクイズ形式で楽しく学んだ後、窓口体験や1億円の重さの体験等を通して、銀行の仕組やお金の大切さについて学んでいただきました。 また、保護者の皆さまには、「金融セミナー」を受講していただき、ライフプランニングについて理解を深めていただきました。

ながさきサマースクール~お金のがっこう~01
ながさきサマースクール~お金のがっこう~02
ながさきサマースクール~お金のがっこう~03
ながさきサマースクール~お金のがっこう~04

参加した子ども達の感想(一部抜粋)

  • お札を数える練習がおもしろかった。
  • 体験学習で1億円を持ったことやお金の重さがわかったことがおもしろかった。
  • お金や銀行に関するクイズが楽しかった。
  • お金を1枚でも数え間違えると、皆に迷惑をかけてしまうので、大変だと思った。
  • 銀行の方は一人ひとり親切で、毎日の積み重ねがお客さまを安心にさせているんだと感じた。

保護者の皆さまの感想(一部抜粋)

  • 金融セミナーはとても分かりやすく、子育て世代のお金の話が聞けてためになった。特に教育資金の使い方などが参考になった。
  • 大人も子供も充実した内容で、勉強になった。
  • 普段できない体験ができて良かった。銀行で伝票記入や窓口体験といった初めての体験ができ、子供たちにとって良かったと思う。
  • 行員の方々がとても親切で、子供たちも楽しそうだった。

公益財団法人長崎銀行奨学育成基金

昭和48年の設立以来、数回にわたって基本財産を増額し、現在では1億9,830万円になっております。その運用利子で奨学金の貸与を行っております。長崎の教育界から理事・評議員にご就任いただき基金の運営を行っております。平成30年3月末現在、延べ奨学生数194名、貸与残高2,034万円となっております。

図書の寄贈

長崎銀行と(公財)長崎銀行奨学育成基金は、地域文化の向上にお役立ていただくため、昭和57年度から29年間にわたり約4,800冊の図書を長崎市(長崎市立図書館)へ贈呈させていただきました。
また、平成24年度から平成30年度は長崎県(長崎県立図書館)へ図書を贈呈させていただきました。

環境美化運動

各支店周辺のクリーンアップ活動など、美しい環境づくりのお手伝いをしております。

環境美化運動01
環境美化運動02

中島川周辺清掃活動

長崎くんちに参加

奉納踊りを担当する踊町、祭の世話役にあたる年番町は、旧長崎市内の各町が交代で務めます。支店のある町や行員の住む町が当番にあたるときは、役職員やその家族が根曵(山車の曵き手)や囃子方(はやしかた---音楽担当)、世話人として参加します。

長崎くんちに参加

新大工町による「曳だんじり」